【中学受験2022】後半日程もかなりの激戦、偏差値以外の尺度で学校を選ぶ傾向に拍車…日能研!!

コロナ禍での入試も2年目となる。2021年入試の状況や人気校、出題傾向をふまえて、2022年度入試はどう変わっていくのか。

日能研グループのみくに出版が発行する中学受験専門誌「進学レーダー」編集長の井上修氏と、日能研本部 常務取締役 茂呂真理子氏に話を聞いた。

小6夏からスタートした家庭も --今年の春(2021年度入試)を振り返り、志願の傾向・特徴を教えてください。

井上氏:まずは全体的な傾向からお話すると、今年の春の受験者総数は6万1,700人、受験率は前年度の20.2%より伸び、20.8%となりました。昨年の今頃は、コロナ禍による経済的な事情で中学受験生の実数が減少に転じるのではないかという予想もありましたが、もともと受験のために準備をしてきた家庭においては、コロナ禍を理由に受験を諦めることはほとんどなかったのだと思います。  加えてコロナ休校時の対応における私学と公立の対応の格差が如実になったことで、公立の教育に不安を感じる保護者が増え、私学に目が向くようになったことも受験者が増えた大きな要因です。それまで公立中に行こうと考えていたものの、昨年の6月、7月頃から私立受験を考えるようになった家庭が増え、結果として受験生全体の増加につながったと考えられます。 --小6夏から受験を考えるというのは一般的に遅いスタートですよね。それでも受験に踏み切った家庭が多かったのでしょうか。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事