引きこもりと高校中退を経て京都大生に 経験を生かし、不登校者向け専門塾を設立!!

高校で引きこもりと中退を経験した後、京都大に入学した学生が、不登校・中退者向けの専門塾「re:plus(リプラス)」を京都市内で立ち上げた。周囲に支えられながら、自分なりの勉強法を見つけて難関を突破した経験を生かし、自身と似た境遇の生徒たちを支えている。

山梨県出身で、総合人間学部3年渡邉匠さん(22)=京都市左京区。高校入学後に勉強でつまづき、2カ月で不登校になった。大量の課題、速い授業ペース、学力でグループ分けされる教室の雰囲気…。追い詰められて深夜まで机に向かい、気付けば心身のバランスを崩していた。  当初は自宅で自習していたが、次第に布団からほとんど出られなくなり、翌年に退学。引きこもりとなり、「人生が終わったと思った」。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事