学級担任制度がもたらしたのは、学校の「サービス産業化」<br>“型破り校長”工藤勇一氏が指摘する、日本の教育の勘違い!!

全国の教員が集い学ぶ「北の教育文化フェスティバル」。20周年記念大会となる今年は、株式会社植松電機代表取締役 植松努氏と、横浜創英中学・高等学校校長・工藤勇一氏をゲストに迎え、北の教育文化フェスティバル代表 山田洋一氏と時事通信社 坂本建一郎氏とともに「これからの学校の在り方」について議論が交わされました。本記事では、『学校の「当たり前」をやめた。』著者であり、学級担任制廃止・期末テスト廃止など型破りな教育改革を実践する工藤氏より、学校の「サービス産業化」問題が語られました。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事