「探究力」育てる教育の具体策づくりへ 3府省でWG設置!!

子供たちが探究力を身に付けるための教育や人材育成に向けた具体策を検討するため、文科省など3府省の審議会委員で作るワーキンググループ(WG)が設置されることになり、キックオフミーティングが8月18日、開かれた。中教審の荒瀬克己委員(教職員支援機構理事長)らが、学校現場で実践した探究的な学びの事例を報告。各委員が意見を述べ、探究的な学びやSTEAM教育の推進に向けて具体的な方策づくりを進めることになった。

この会議は、Society5.0と呼ばれる「超スマート社会」に向けて、探究力を身に付ける教育の実現に向けた具体策を検討しようと、内閣府の総合科学技術・イノベーション会議と文科省の中教審、経産省の産業構造審議会の委員らで組織。同日は17人が出席した。

はじめに探究的な学びの取り組み事例として、荒瀬委員が京都市立堀川高校で実践した事例を報告した。この中で荒瀬委員は、生徒が事物に興味関心を持って問いを立て、自ら解決に向けて判断して取り組める「自立した学習者」の育成を想定したと紹介し、「人は学ぶ意欲を持って生まれてきたはずで、『教師が教える』から『生徒が深く学ぶ』に転換することが必要だと考えた」と説明。そのためには学習意欲を引き出すカリキュラム・マネジメントが必要であり、外部人材なども活用して学び合う場としての学校づくりに変えていくべきだと強調した。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事