合唱より「作曲」、音楽授業に新潮流 コロナ禍で脚光!!

小中学校などの音楽の授業で作曲を指導する動きが広がりつつある。新型コロナウイルスの飛沫感染への懸念などから、合唱や合奏が難しくなったことが背景にある。曲作りにグロッケン(鉄琴)や音楽合成ソフトを使うといった工夫を凝らし、生徒にも好評だ。「コロナの収束後も続けたい」との声は多く、授業風景が変わり始めた。

「先生、こんなメロディー作ったんやけど、どうかな」。樟蔭中(大阪府東大阪市)の音楽室にかわいらし...

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事