「担任の先生がはずれ」と親が言ってはNGな理由と対処法!

最近の小学校ではクラス替えが毎年行われますが、友だち以上に担任の先生が誰なのかが気になる親も多いでしょう。SNSで教師に関する情報は色々入ってくるでしょうが、子どもの前で「担任の先生、ハズレ!」というのはNGです。親のものの見方、発言によって、子どもの1年間の育ちに大きく影響を与える可能性があります。特に新しいクラスが始まる4月はとても重要です。

新しい担任の評価をするのがNGな理由、先生に不得意分野などがあると感じた際、家庭でどうフォローしたらよいか、などを解説します。

「担任の先生、ハズレ!」は言わない方が良い

「先生ハズレ」は言わない方が良い新学期はクラス替えが行われ、クラスのメンバーが変わります。親にとってそれ以上に気になることが担任の先生が誰になるのかでしょう。始業式から帰って来た子どもに対し、真っ先に「担任は誰だった?」と聞く親も多いはずです。

その際に親が気を付けたいことは、新しい担任に対し悪い評価をしないということです。極端な言い方は、「今年の先生はハズレね」という言葉です。親にとってはそれほど意識しないひと言なのかもしれませんが、子どもにとってその言葉の与える影響は非常に大きなものがあります。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事