【中学受験】コロナ禍の私学・塾と、変わる保護者の意識!!

コロナ禍で中学受験に対する価値観が変わりはじめている。私学は教育改革と相まって、それぞれの方針を打ち出している一方で、塾関係者はほとんど変わらず、あるいは意図的に変わらないように振る舞っているケースが目立つ。そんな中、保護者の意識は目に見えて変わりはじめている。実際に筆者が見聞した状況や意見を元に考えてみたいと思う。

中学受験をやめる人・はじめる人

5月以降、筆者の元には2つの全く異なる相談が多数寄せられるようになった。1つは、中学受験塾や私学への不信である。通っている塾や私学がオンライン対応をしようとしない、あるいはオンライン授業のクオリティーが低すぎるというものだ。1度そういう視点を得ると、今まで見えなかった問題も気になってくる。そもそも今までの授業は子どものためになっていたのか? 塾や学校は本当に子どものことを考えているのか? 先生によってあまりにも授業の質や対応が違うのではないか? そういった疑問から、受験自体を考え直した方が良いのではないか、というものだ。

もう1つが、公立の学校の対応があまりにも酷いから、今まで全く考えていなかったけれど受験を考えはじめた、というものだ。また、不安定で予測できない時代だからこそ、大企業に就職するための学歴が必要で、そのために少しでも大学進学実績のよい私学を受験させたいという声も多かった。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事