2020年度対話のひろば 第5回 「高大接続と多面的評価」のご案内【定員間近!】

戦後最大の教育改革とも呼ばれる「高大接続改革」。大学入学者選抜改革では、大学入学共通テストにおける英語民間試験と記述式問題の導入が見送られ、さらに、JAPAN e-Portfolioの運営許可取消しを受けて、大学入試のあり方が改めて問い直されています。
 東京大学 教授の中村高康先生は、こうした改革論議に対し、そもそもの改革の「理念」を問い、教育現場や専門家の知見を整理して議論の土台をつくるべきと主張します。また、佐賀大学 教授の西郡 大先生は、多面的・総合的評価を実践する立場から、各大学が選抜手法の強みと課題・制約などを理解し、その選抜手法で実現したいことを問い直すことが大切だと指摘します。
 そこで、対話のひろば第5回は、大学入試を起点に、改めて高大接続と多面的評価の課題を整理し、高校・大学関係者が何に取り組むべきかについて、参加者の皆さんと一緒に考えていきます。
ふるって、ご参加ください!

実施概要

日時:2021年1月11日(月・祝)14:00~16:30

会場:ウェブ会議システム「Zoom」を使用いたします。
※1月8日以降、お申込みの方にご登録いただいたEmailアドレスに、参加に必要なURLをお送りします。

対象:主に、中学校・高等学校教職員、大学教職員、企業の人材育成担当者の方。ほか、テーマにご関心のある方ならどなたでもご参加できます。

申込方法:下記の「お申し込みはこちらから」ボタンより、お申し込みください。

※イベントへのご参加にあたり、下記の 注意事項 をよくご確認いただきますようお願いいたします。

※今回は、2021年1月11日開催イベントの募集です。ご参加を希望するイベントの開催日の設問には、半角で「20210111」と入力してください。

お申し込みはこちらから申込期限:2021年1月6日(水)23:59※定員に達し次第締め切りとなります。

参加費:無料募集人数:100名 

※要事前申込主催:河合塾/JCERI

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事