大学修学能力試験、英語は読解力、これまでの学習法一転「自己主導学習法」で対策を=韓国!!

大学修学能力試験が1日後に迫った。 ソウル大、ヨンセ大、コリョ大など難関大学は英語等級1等級の獲得が必須要素になった。 特に、18年から英語が絶対評価に変わってから、英語成績は名門大学入試戦略を練る上で重要な要素になった。英語で1等級を取れば他の科目に集中して取り組むことができるからだ。

大学修能英語が絶対評価の形になった時は、基準の90点以上であればいいのだが、全体で1等級の割合が10%を記録し、英語勉強の重要性は強調されなかった。 しかし、2019年には5.3%だけが1等級を受ける結果が出た。 

英語受験者100人のうち10位内に入るということはそれほど簡単ではない。 特に中学生の場合は内申試験が始まる2年生の場合、クラスで20-30%が90点を取る場合があるが、3年生になるとその比重は急激に落ちる。 

そのため、小学校から修能英語を念頭に置いた英語の勉強が必要だ。 韓国外国語大学外大語学院の関係者は、「修能英語の核心は文解力だ」と強調する。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事