グーグル元同僚が共同創業、“じゃんけん”も余裕な低遅延・等身大のビデオ会議システム「tonari」!!

東京・渋谷区のスタイリッシュなオフィス。取材に訪れるとすぐ“壁の向こうの和室”から「こんにちは、ようこそ!」と声がかかった。遠隔地同士を、空間が隣接しているかのようにつなぐシステム「tonari」を通して、約50km離れた神奈川県の葉山から挨拶されたのだ。 

天井から床までを占める大きなスクリーンには、システムを開発するスタートアップ・tonariの葉山研究所にある和室が奥の間まで広々と映っている。人物も等身大で、手を伸ばせば名刺交換できそうな雰囲気さえある。

一見すると大型の「Zoom」のような遠隔コミュニケーションシステムのtonariだが、空間がつながっている感覚が得られるのは、画面の大きさだけではなく、遅延の少なさによるところが大きい。

「同じ空間を共有」する体験を低遅延・高フレーム数で実現

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事