中学の定期テスト改革 ノート持ち込み可、暗記減らす !!

「ノート持ち込み可」「試験そのものを廃止」――。全国の公立中学校で定期テストのあり方を見直す動きが広がっている。思考力などを重視した大学入試改革に対応するため、一夜漬けで知識を詰め込む従来型のテストを改め、生徒が主体的に学ぶ力を引き出す狙いがある。

9月上旬、福岡県の須恵町立須恵中学校で行われた定期テスト。真剣な表情で解答用紙に向かう生徒の机に、カラフルな付箋が貼られたノートが並んでいた。中には10冊ほどを机に積み上げる生徒もおり、ノートと問題を交互に見つめながら鉛筆を走らせていた。

同校は2019年度から定期テストを年4回から2回に減らし、家庭学習で使う「自学ノート」の持ち込みを認めている。何冊でも可能だが、手書きであることが条件。生徒は自宅で毎日1ページ以上学習し、教員に提出する決まりだ。

テストはノートを持ち込める分、問題数を増やして記述式中心にし暗記問題を減らした。国語には「物語のキャッチコピーをつけ、理由を説明せよ」といった出題もあり、ノートを見ただけでは解けない問題も多い。テスト改革に携わった原結花教諭は「大学入試改革で思考力を問われる問題が増えた。生徒には自分で考える力を身につけてほしい」と期待する。

テストを見直した結果、家庭学習に取り組む生徒の姿勢も変わってきた。高得点を狙うには単純に単語を書き込んだだけのノートは役に立たず、質を高める必要がある。2年の佐伯英彦さん(13)は「しっかり勉強しないと点数が取れない。工夫してノートを整理することで知識も頭に入りやすくなった」と手応えを語る。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事