電子決済普及で「お釣り」が分からない子ども増加? 大人になって困らない?

「電子決済の普及で『お釣り』の概念が分からない子どもが増えている」という投稿がSNS上で話題になっています。親と買い物に行っても、スマホやカードで電子決済をしている姿しか見ておらず、「お釣りを受け取る」という姿を見ていないため、というのが理由のようです。「お釣り」という概念が分からないと、大人になってから困ることがあるのではないでしょうか。国際教育評論家の村田学さんに聞きました。

「お金の価値」分からなくなる恐れ

Q.「『お釣り』の概念が分からない子どもが増えている」というのは事実でしょうか。 村田さん「事実です。家庭の買い物において、決済(支払い)の方法が主に電子マネーやクレジットカードとなり、現金を使用する機会が減りました。そのため、お釣りを受け取る回数が減り、それに伴って、多くの子どもたちにとっても『現金』と『お釣り』という現物貨幣の存在感が薄れているのです。 日常生活でも、電車にSuicaなどの電子マネーで乗ることはもちろん、飲み物もSuicaで、買い物もスマホやSuicaでできます。そのため、足し算・引き算・掛け算・割り算という四則演算の計算力は学校や塾で育てられても、本当に算数の力が必要とされる現実の場面での計算力が弱っていると考えられます。お釣りをすぐに計算できない小学生も増えています。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事