もう“障がい”って言葉を使うの、皆でできるだけ止めませんか!!

都内目黒区に軽度の発達障がいや学習障がいの外国人の子どもたちが通うインターナショナル・スクールがある。20年前に開校したその学校の名は「Tokyo International Progressive School=東京インターナショナルプログレッシブスクール(以下TIPS)」。

今週26日、筆者はこの学校で子どもたちにメディア論の授業を行った。参加したのはスペシャルニーズ(※)の小学校4年生から高校生41人(生徒数は43人)、国籍は17カ国だ。

「ポストコロナの学びのニューノーマル」第17回では”障がい者”教育のあり方を考える。

(※この記事で筆者は「障がい」という言葉を可能な限り使わず、「特別な支援(スペシャルニーズ)が必要な子ども」として「スペシャルニーズ」と記載する)

スペシャルニーズの生徒相手の授業に挑戦

「インターネットが出現する前と後のどちらの世界がより危険なのでしょうか」

「日本のメディアにはバイアスはかかっていないのですか」

「100年後携帯電話はありますか。無ければどんなディバイスになるのですか」

「なぜフジテレビは先生を雇ったんですか」

午前10時半に始まった筆者のメディア論の授業。後半はこんな質問が次々と筆者に浴びせられた。

授業の前半は筆者のキャリア説明から始まり、メディアの歴史や報道現場の取材の仕方、そしてネットに潜むフェイクニュースをどう見分けるのか、メディアリテラシーをどう体得するのかを話した。しかし相手は小4から高校生までと年齢が幅広く、かつスペシャルニーズの子どもたちで、しかも会話は英語だ。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事