広島県で開校ラッシュ!【他県は真似できない?】国際バカロレア、ボーディングスクールなど取り組みがスゴイ!

広島にボーディングスクールやインターナショナルスクールが急増!

日本で最もボーディングスクールやインターナショナルスクールなど国際教育で熱いのが、「広島県」だ。

この3年で4校が開校するのだ。

2019年4月 広島県立広島叡智学園(中学生・高校生ボーディングスクール)
2020年4月 神石インターナショナルスクール(小学生ボーディングスクール)
2020年9月 瀬戸内グローバルアカデミー(高校卒業生向け海外リベラルアーツ提携校)
2021年4月 AICインターナショナルスクール初等部開校予定

怒涛の国際教育ラッシュの広島県。

47都道府県の動きのなかで、なぜ広島県がこのように国際教育で幅広い選択肢が増えたのか、をリサーチした。

その理由について東京女子学園中学校・高等学校の久保敦校長補佐に背景を伺った。

久保敦氏「広島県はモデルケース。他県も」

ニュージーランドの現地校で教員として教えたこともある久保氏。

日本帰国後は、帰国子女教育のパイオニアである東京都にある啓明学園、国際教育で著名なかえつ有明中学校・高等学校、国際バカロレアコースなど国際教育に強い立命館宇治中学校・高等学校などで国際教育に取り組んできた。

その経験から、広島県の国際教育の取り組みについて久保氏にコメントをいただいた。

広島県は、2013年に「教育のグローバル化10年展開構想」を策定しました。
それが実りつつある。

広島県は、育成すべき人材像として“広島で学んだことに誇りを持ち、胸を張って「広島(Hiroshima)」を語り、世界の人々と協働してイノベーションを生み出すことのできる人材”を掲げてきた。

この人材像が共有化された背景には、国際協力や平和貢献に取り組むなど「国際的発信力」の強い広島県の歴史がある。

また輸出型産業の占める割合が高く、全国シェアの高い農水産品と2つの世界遺産など観光業がグローバルな人材育成像に繋がった。

そのひとつが広島叡智学園といえる。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事