日本の労働者の約4割「在宅勤務は生産性が下がる」との調査結果、米国と対照的!!

アドビ株式会社は、「COVID-19禍における生産性と在宅勤務に関する調査(Productivity/Work from Home Survey)」を実施し、その結果を発表した。 

 調査は6月2日~4日、現在オフィス勤務を中心として働いている日本人約1000名を対象に、調査会社Advanisが実施。在宅勤務の主な課題として生産性や社内コミュニケーションが挙げられるほか、メッセージアプリの普及でコミュニケーション方法が変化しつつあることが分かった。 

 「在宅勤務の生産性」について問われた質問では、在宅勤務を経験した回答者の43%が「生産性が下がった」と回答、「生産性が上がった」の21%の約2倍に上った。「変わらない」は36%だった。生産性が下がった理由としては、68%が「勤務環境が整っていない」、46%が「集中しづらい」、33%が「同僚からの協力が得られにくい」を挙げた。 

 米国で行われた同様の調査では、回答者の77%が「柔軟に仕事時間を調整できる」「通勤や集中を妨げるものがない」などを理由に、在宅勤務への移行後もそれまでと同等か、それ以上に生産性が上がったと回答したのと対照的だという。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事