東京都、2022年開校の都立小中高一貫教育校の通学区域などを公表!!

 東京都教育委員会は2020年9月24日、2022年(令和4年)4月に開校する都立小中高一貫教育校の入学者決定方法などを公表した。通学区域は、附属小学校が学校までの所要時間がおおむね40分の範囲内の駅やバス停を含む市区町村、中等教育学校は都内全域とする。

 東京都は2022年4月、公立として全国で初めてとなる小中高一貫教育校を東京都立立川国際中等教育学校の敷地内に開校する。高い語学力と豊かな国際感覚を備えた、世界で活躍できる人材育成を目的としており、小学1年生から独自のテキストを使って外国語授業を実施する。義務教育期間の9年間で英語を通常の学校より1,000時間以上多く学習するほか、小学校の段階から第二外国語に触れる機会も作られる。

 新設する附属小学校は、各学年80名、6学年で計480名となる予定。通学区域は、児童にとって負担過重とならないよう、小中高一貫教育校までの所要時間がおおむね40分の範囲内にある鉄道の駅やバス停を含む市区町村とする。ただし、該当区域内であっても、交通事情や体力などは児童により異なることから、それぞれの児童が毎日無理なく安全に通学できるか否かについては、保護者に十分考慮してもらうよう丁寧に説明していくとしている。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事