エントリーシートはもういらない 学生時代のすべての活動を“ログ化”する新しい就職活動とは!!

大学生の就職活動が、コロナによって様変わりとなっている。インターンは中止され、対面の面接の多くがオンラインに代わった。

こうした中、ブロックチェーン技術を活用した新たな就活システムをつくる動きも始まった。実証実験を行っている慶應義塾大学を取材した。

ブロックチェーンで学生の個人情報を保護

「ゼミ生の4年生の就活は終わりましたが、最終面接までZoomだった学生がいました。いまの3年生は大変でインターンが出来ない学生も多いです」

新たな就活システムの実証実験を行うのは、慶應義塾大学経済学部の中妻照雄教授だ。

慶應義塾大学中妻教授「いま3年生の就活は大変です」

この就活システムでは、学生がスマホなどを通じて自身の成績やサークル活動など校内外の活動情報を入力する。企業は学生が入力した情報を閲覧するのだが、これまでの就活情報サイトと違うのはブロックチェーンを活用することだ。

昨年就職情報サイト「リクナビ」が、学生の内定辞退率の予測データを学生に無断で企業に販売していた問題が起きたのは記憶に新しい。

しかし新たな就活システムでは、ブロックチェーンを活用して学生の個人情報をネット上に分散・保管し、データ追跡の機能や暗号技術によって保護する。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事