学びが止まった国と継続できた国の致命的な差!!

ICTがもたらす教育現場の劇的な変化

EdTech( Education×Technology)を定義する

「デジタルテクノロジーを活用した教育のイノベーション」。インタビューの冒頭、EdTechを定義する佐藤昌宏氏は「これまでの教育のルールを変革し、ゲームチェンジを起こすインパクトのある波だともいえるでしょう」と続ける。

ほかの業界にもたらした影響を見れば、わかりやすいかもしれない。デジタルメディアの世界で生まれた広告のAdTech(Advertising×Technology)は、テレビやラジオ、新聞、雑誌といった旧メディアの大変革を引き起こした。FinTech(Finance×Technology)もビットコインをはじめ、新しい金融サービスを次々と生み出す土壌となっている。ICTを活用してイノベーションを起こすXTechの潮流は、これまで変わりにくかった農業やヘルスケアの領域にも押し寄せている。「XTechによって、産業構造や競争原理、仕組みや制度そのものが再定義される」と佐藤氏は指摘する。

そして、教育だ。「EdTechの考え方は2009年ごろのアメリカから広がりはじめました。例えば、大学の講義をオンラインで誰でも受講できるmooc (Massive Open Online Course)は、学位を出すまで社会に浸透しています。日本では、政府の未来投資戦略2017の中で言及され、国策として積極的に取り組むようになりました。今、進められているGIGAスクール構想はまさにその一環なのです」。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事