大学入学共通テストはデジタル化可能か?――フィンランドのデジタル大学入学資格試験からの示唆!!

1.大学入学共通テスト:デジタル試験は可能か

新型コロナウイルスの流行により、現在、大学関係者は来年度の入学試験の実施の形態に頭を悩ませている。入学試験においては、多数の受験者が一か所に集まるため「三密」が避けられないためである。

「三密を避ける」という観点から、大学の授業では現在、パソコンを用いたオンライン授業が行われている。それでは、パソコンを用いるデジタル大学入試が実施できれば、一つの解決策となりうるだろうか。慶応義塾大学教授の土居丈朗は、昨年の2019年2月に「大学入試で『デジタル試験』導入は可能なのか」という論稿を記している(注1)。土居は、費用・コストの面から大学でのデジタル入学試験導入について否定的であり、「受験生を外界から遮断して他人の助けを借りられないようにして、本人の能力を問うことができる」「廉価で安定して実施できる(一斉に大人数の受験生を集めてデジタル入試を実施するには、デバイス購入のための巨額の投資が必要となる)」とペーパーテストの優位性を主張していた。

大学入試で「デジタル試験」導入は可能なのか—— 実は、2019年に大学入学資格試験(高校卒業試験)を完全にデジタル化した国がある。北欧の教育大国フィンランドである。

フィンランドの大学入学資格試験(高校卒業試験)は、高校卒業資格と大学入学資格を得るために必須の試験であり、毎年約4万人の高校生が受験する。この試験が2019年3月に完全デジタル化され、パソコンを用いた入試が行われている。国が問題作成を行う統一テストであること、大学に進学する多数の高校生が受験することから、日本の大学入試センター試験や大学入学共通テストに該当する試験である。多数の受験者を対象に安全性と信頼性が求められる統一試験を、どのようにデジタル化できたのだろうか。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事