国際子ども図書館の活用は子どもたちの本や読書に対する興味関心へつながるか!!

平成30年、文部科学省が実施した『子供の読書活動の推進等に関する調査研究』の調査では、「本を読みたくて自分から読んだ」と回答した子どもは全体回答12,489件のうち、半数以下です。

 子どもたちの読書離れの背景には、インターネットによるコンテンツの普及や電子書籍といった、紙の本を読まなくてもパソコンやスマートフォンで簡単に情報が手に入れられる時代になったことが関係します。

 今回は児童書から高校生に向けた書籍まで取り扱っている「国際子ども図書館」について紹介します。

年齢が上がるにつれて読書量が減る傾向に

 近年、子どもたちの読書量の減少傾向が続いています。文部科学省が実施した『子供の読書活動の推進等に関する調査研究』の調査では、小学生の読書量が最も多く、次いで中学生、そのあとに高校生です。電子書籍だけを読んだ割合では、高校生が最も多い結果となりました。

 紙の本は漢字や文法の知識、知恵が増えます。そして、考える力が身につき想像力にも期待できますが、パソコンやスマートフォンが身近な物になったいま、手軽にインターネットから検索できる環境が読書離れを加速させています。子どもたちの教養を身につけさせるには、本に触れ合う機会や図書館の充実といったことが重要です。

子どもに国内外の本を。読書推進に努める「国際子ども図書館」

 「国際子ども図書館」は、平成12年に国立国会図書館の支部として設立されました。子ども向けの児童書を専門に扱う、日本で唯一の国立図書館です。子どもたちにとって読書離れが進行することは読解力を弱め、感受性や想像力といった心の発達を低下させる深刻な問題につながります。そのような問題に対して、国際子ども図書館はどういった取り組みをしているのでしょうか。

・国際子ども図書館の3つの役割

 国際子ども図書館には大きく分けて三つの役割があります。

 -児童書専門図書館としての役割
 一つ目は児童書専門図書館として国内外の児童書や関連資料の収集や保存、提供、調査研究、研修、情報発信などによって子どもの読書活動を支援していくこと。

 -子どもと本のふれあいの場としての役割
 二つ目は本とのふれあいの場として児童書の提供以外にも各種催物や見学、情報発信などで図書館や読書に親しむきっかけを提供すること。

 -子どもの本のミュージアムとしての役割
 三つ目は、本のミュージアムとして児童書に関する展示会や講演会、各種イベントを通して児童書の魅力を紹介していくこと。

 国際子ども図書館では、国内外の児童書を幅広く提供することで、子どもたち一人ひとりが自分に合った本を見つけて楽しめるように工夫されています。さらに、世界について興味関心を持てる環境作りを目指しています。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事