なぜ教育改革は失敗し続けるのか?

日本の教育システムについては昨今、教育学者および教育実務に携わっている人たちを中心として活発な議論が行われているので、私のような立場にある人間が「ああせい、こうせい」と細部の具体について申し上げるつもりはありません。ただ、教育の門外漢である一方で、組織開発・人材育成・組織変革のプロジェクトに二十年関わっているコンサルタントとして、外側から、現在進行している、いわゆる「教育改革」なるものを見ていると、いくつか「ボタンのかけ違い」とでも表現するしかない重大な誤謬があるように感じられますので、ここで問題提起しておきたいと思います。

まずは次の抜粋を読んでください。

今後における科学技術の発展や産業構造、就業構造などの変化に対応するためには、個性的で創造的な人材が求められている。これまでの教育は、どちらかといえば記憶力中心の詰め込み教育という傾向があったが、これからの社会においては、知識・情報を単に獲得するだけではなく、それを適切に使いこなし、自分で考え、創造し、表現する能力が一層重視されなければならない。創造性は、個性と密接な関係を持っており、個性が生かされてこそ真の創造性が育つものである。

これを読めば、ほとんどの人が「ああ、最近よく言われていることだよね、で、これがどうかしたの?」と思うでしょう。しかし、これが実際にはそうではないのです。この抜粋は1987年の臨時教育審議会編(p10)から引いたものです[1]。これを読めば、昨今の教育関係者がしばしば口にする「創造性の重視」「個性の尊重」「詰め込み教育からの脱却」といった教育上の課題が、既に三十年以上前の段階でしかるべき筋によってオーソライズされていたということがよくわかります。しかし、ではその後の日本の教育のあり方は、これ以前のものと比較して大きく変わったと言えるでしょうか?厳密な評価はなかなか難しいと思いますが、胸を張って「そうだ」と言える人は一人もいないでしょう。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事