共通テスト予定通りに 文科省案、延期せず来年1月実施!!

文部科学省が2021年の大学入学共通テストを延期せず、予定通りの日程で実施する案をまとめたことが分かった。17日午後に開く高校、大学関係者らとの協議で示す。高校側は、休校長期化で学習の進み具合に地域差があることから日程の繰り下げを求めており、調整は難航しそうだ。

共通テストは20年までの大学入試センター試験に代わり新たに始まるテスト。21年1月16、17日に本試験が実施される。

文科省案では、本試験を受けられなかった学生への措置として追試験での配慮策も講じるとした。通常は本試験の1週間後に行う追試験を2週間後にずらす。またインフルエンザなどの病気やけが、試験場に向かう途中の事故といったやむを得ない事情に限っている受験理由に、新型コロナウイルス感染や休校長期化による学習の遅れを加える。

2月以降の大学ごとの個別試験での配慮策も検討している。関係者によると、2月上旬から始まる私大試験について、追試験の受験者のため一定程度繰り下げる必要があるとの声もあり、17日の協議で話し合う。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事