公立校の悲惨な実態…一番恐ろしいのはコロナじゃなくて学校教員!!

■親に教師代わりをさせる〈家庭学習〉が、根本的にNGなワケ  それでもまだ〈家庭学習〉が任意ならいい。「できないなら、それでも大丈夫。学校でやりますから」ならば。しかし今回、家庭学習の難しさを学校に伝えたところ、「宿題範囲は家庭で自宅学習が済んでいると見なし、学校再開後も十分には復習できません」と言われた家庭もある。「家庭の取り組み次第で学力差が出てしまうので、しっかりと勉強してきてくださいね」と、親切なんだか無責任なんだかわからないアドバイスをもらった人もある。  実際に文部科学省も、新型コロナウイルス感染症対策のための臨時休校中の特別措置として、「学校が課した家庭学習の実施状況が一定の要件を満たす場合において、特例的に、学校の再開後等に、当該内容を再度学校における対面指導で取り扱わないこととすることができる」としている。もっとも、「学習の定着が不十分である一部の児童生徒」においては、「別途、個別に補習を実施すること」との文言が付け加えられているが、その場合でも「追加の家庭学習を適切に課すなどの必要な措置を講じること」も可能だとしている。またしても〈家庭学習〉という名の大量の追加宿題を子どもが持ち帰ってきかねない。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事