関西 NEWS WEB 大阪放送局 トップ !!

奈良県教育委員会は、来年実施する公立高校の入試に関する中学3年生へのアンケートで、出題範囲に不安があるという回答が半数近くに上ったことなどから、一般選抜に先行して行う「特色選抜」という入試で出題範囲を一部削減する方針を固めました。

これは、奈良県教育委員会の吉田育弘教育長が、4日の記者会見で明らかにしました。
県内の多くの公立中学校では、新型コロナウイルスの影響で先月末まで、2か月以上にわたって臨時休校になり授業の遅れが懸念されています。
このため、県教育委員会では、来年の公立高校入試の出題範囲を検討するため受験を希望する中学3年生6000人余りを対象に、先月、アンケート調査を実施しました。
その結果、73.8%が、学校再開後の学習活動などについて不安を感じていると回答しました。
さらに不安を感じていることを複数回答で尋ねたところ、▼入試の出題範囲が48.9%と半数近くになったほか、▼授業の進度が54.7%などとなりました。
こうしたことから、県教育委員会は一般選抜に先行して来年2月に行う「特色選抜」について、数学の出題範囲を一部削減する方針を固めました。
そのほかの教科や来年3月の一般選抜についても出題範囲を検討し、今月11日の教育委員会で決定します。
吉田教育長は「生徒の不安を少しでも解消するため迅速に対応したい」と話しています。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事