9月入学の次は5月入学?~混迷の2021年入試!!

◆9月入学は先送りがほぼ確実に

宿題が多すぎた9月入学はどうやら先送りがほぼ確実となりました。

4月29日の衆議院予算委員会で安倍晋三首相は9月入学について「前広に検討したい」と答弁しました。これで一気に政治問題化。

小池百合子・東京都知事や国民民主党なども賛意を示し、一時は実現するかに見えたほどです。

しかし、検討すればするほど、課題が山積であることが明らかとなってきました。

28日には9月入学を検討する自民党ワーキングチームの提言原案が判明。

来年度など直近での導入は見送り(読売新聞2020年5月29日朝刊)としています。

これで9月入学は先送りとなることがほぼ確実となりました。

◆多すぎる宿題、解けなかった賛成派

私は9月入学については将来的には導入した方がいい、と考えています。

しかし、直近の2021年度から変更とするには宿題、もとい、課題が多すぎました。

学習の遅れを取り戻せる、というのは大きなメリットですし、日本の国際化を見据える点でも必要性があります。

ただ、そのために、大量に発生する待機児童問題、教員不足、巨額の財政負担(約7兆円)を誰が負担するのか、会計年度との整合性をどうするか、就職・国家試験との整合性はどうするか…、課題はあまりにも多すぎたのです。

このうち、就職については企業の採用を管轄する厚生労働省・経済産業省などが本腰を入れて、「9月入学~9月入社」への移行を決めていればどうにか解決できたはずです。

これはこれで企業からすれば負担ですが、採用時期の変更は過去30年間に5回も経験しています。変更前は「変更が大変だ」との不満がでるものの、結果的には各企業とも対応できていました。9月入社の変更もそれほど無理な話とは思えません。

国家試験についても、2011年の東日本大震災では管理栄養士試験が被災した東北の学生については7月に特例扱いでの受験を認めました。こうした前例がある以上、こちらも変更は不可能ではなかったはず。

ただ、それ以外の課題はいずれも、無理がありました。

9月入学は本来であれば、何もない平時に相当な時間をかけて議論すべき問題です。それにしても、この宿題を解くのが安倍首相ではなく、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相や台湾の蔡英文総統であれば、また違った答えが出たはず…と思うのは私だけでしょうか。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事