アメリカ 新型コロナで高校生の大学選びに変化 17%が進路変更!!

アメリカでは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、高校生の大学選びに大きな変化が現れています。17%の生徒が進路の変更を余儀なくされたほか、経済的な事情などから私立ではなく、比較的授業料が安い公立の大学を選ぶ生徒が増えています。

アメリカでは、毎年5月1日が「Decision Day=決断の日」と呼ばれ、進学を希望する高校生が大学に申し込みをする期限とされていますが、ことしは新型コロナウイルスの感染拡大で、多くの大学が来月1日まで期限を延長して生徒に時間的猶予を与えていて、ちょうど今が進路を決断する重要な時期です。

東部メリーランド州の調査会社が先月下旬に、卒業を控えた高校生1100人あまりを対象に聞き取り調査を行ったところ、新型コロナウイルスの影響で、「進路を変更した」と答えた生徒が17%に上りました。

その内訳を見ますと、少ない単位の履修で学位を取得できるコースに変更すると答えたのが34%、入学のタイミングを秋ではなく、来年の春まで待つと答えたのが17%、1年間、休学すると答えたのが16%で、事態が落ち着くまで様子を見ようと考えている生徒が多いことがわかります。

さらに4年制の大学ではなく、2年制のいわゆるコミュニティー・カレッジに進路を変更すると答えた生徒も16%いました。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事