首相側近2人、逆風下の「9月入学」導入求め異例の議連!!

自民党下村博文・選挙対策委員長と稲田朋美・幹事長代行は28日、「9月入学」の導入をめざす議員連盟を立ち上げることを決めた。政府・与党で導入への慎重論が広がるなか、「首相側近」で知られる両氏が異論を唱えた格好だ。

 両氏は28日、党本部で会合を開き、議員9人が参加した。会合で下村氏が「未来に対し、子供たちが力を伸ばしていく教育改革を含めて『9月入学』を導入すべきだ」と呼びかけると、稲田氏も「経済も社会も変革しないと生き残れない」と賛同。今後さらにメンバーを増やし、来年から「9月入学」導入を目指すという。

 両氏は党幹部で、安倍晋三首相とも近い「側近」で知られる。日頃から首相と面会し、政策などで直談判する機会も多いことから、首相の出身派閥で2人も属する細田派幹部は「(両氏なら)最後は官邸に乗り込んで見直しを迫りかねない」と語る。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事