ベネッセ、全米トップ大学進学志望者に心構えを伝授するWebイベント31日開催!!

ベネッセコーポレーションが運営する海外トップ大進学塾「Route H」は、全米トップ大学への進学志望者に向けた「海外トップ大進学ガイダンス」を5月から継続的にオンラインイベントとして開催する。

「ルートH」は海外トップ大進学を志望する中学生から高校生向けの専門塾。2008年に開校した。人物重視で本質的な力が問われる海外トップ大学の入試に向けた適応力を身につけるとともに、受講生が大学入学後も力を伸ばし続けることのできる学習のスタイルや思考力、コミュニケーション力を身につけることを目指している。

同ガイダンスでは、海外トップ大学特有の入試制度を踏まえ、学習方法や受験の心構えについてのアドバイスを行う。また、現役の大学生から「海外トップ大留学の意義」も話してもらう。自ら難関を勝ち抜いた先輩のリアルな体験談を後に続く中高生に伝えることで、今後の進路選択、学習のための重要な材料にしてもらうことを期待している。

今月17日に行われた今年度第1回ガイダンスには高校生60名以上が参加し、「アドミッションオフィサーに聞いた<どうやったら目立てるの?>」など、学生が気になるテーマを取り入れながら、登壇した大学生と高校生がオンラインで交流した。

次回の開催は5月31日(日)14:00~16:00(6月以降、随時開催の予定)。定員は各回50名。先着順で、定員となり次第締め切る。参加費は無料。

Web会議システム「Zoom」を利用しオンライン上で開催する。申込後に登録されたメールアドレスに当日使用するURLを送付する。

ガイダンスの申込

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事