教育社会学者の本田由紀・東大教授「来年の入試では『1点刻み』は困難に」!!

「来年の入試どうなる?」への回答急げ

――9月入学論が盛り上がっています。どう受け止めていますか?

「9月入学制そのものを全否定するわけではないが、今とりくむべきことではない」と思います。それよりも、いつどのように、どういった中身の大学入試・高校入試を行うかを早急に決めないといけません。9月入学制は、入試の時期と直結します。9月入学・始業が可能かどうかを時間をかけて議論することで、「来年の入試はどうなるのか」という、多くの受験生が不安に思うことへの回答が遅れるのであれば、むしろ弊害のほうが大きいと思います。

高3生の悲鳴のようなツイッターも目にします。それはそうでしょう。自分の人生の重要な分岐点がいつどのように決められるのか、宙づり状態なのですから。

――萩生田光一文部科学相は4月、来春の入学者を対象とした大学の総合型選抜(旧AO入試)と学校推薦型選抜(旧推薦入試)について「募集の時期を遅らせる必要がある」との考えを示しています。入試の変更はやむを得ないのでしょうか。

変更は不可欠でしょう。

すでに3、4月が休校になり、さらに緊急事態宣言の延長で5月末まで休校となる学校が出ています。3カ月近く、学校が開かれていないのです。もうすでに、学びに欠落が生まれ、格差が生じているのです。

欠落と格差の影響を直接受けるのは受験生、とくに大学受験を控える高3生です。大学の場合、受験先が広域で受験生が全国各地にいるがゆえに、学校の所在地域や設置者によって生まれている格差の影響が大きいのです。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事