コロナ禍での大学入試 「記述式」「英語4技能」実施状況は!!

日本の大学入試制度は今、困難に直面している。今春の入試は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、国公立大の一部で後期日程試験が中止された。昨年末には2021年から予定されていた大学入学共通テスト(新センター試験)への「記述式問題」と「民間の英語試験」の導入が、野党や世論などの反対もあり見送られ、白紙に戻された。しかし、さまざまな仕事がAIで置き換えられていく未来の社会を生きる若者たちに、思考力や判断力、表現力、そして、英語のコミュニケーション能力を入試で問うべきとする改革の理念に反対する人はほとんどいない。共通テストへの導入による入試の全体改革が頓挫した今、各大学は個別に入試改革を遂行することが求められている。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事