「9月入学」論点整理へ 自民や国民民主が会合 政府は次官級で協議 !!

新型コロナウイルスの感染拡大の長期化を踏まえ、与野党がそれぞれ、学校の始業や入学時期を9月にずらす「9月入学」の論点整理を始めた。政府も関係省庁による次官級会合を設置し、関係法令などの課題を洗い出す。安倍晋三首相に報告し、実現可能性を探る。

画像の拡大

自民党は1日、文部科学部会と教育再生実行本部の合同役員会を開いた。出席者からは「早く実現すべきだ」「新型コロナへの対応が優先ではないか」といった賛否両論が出た。世界標準の秋入学になれば国際化を促せるとの意見もあった。

文科省は会合で、移行期の4~8月の授業料など保護者や学生らの負担増をどうするかといった課題を説明した。就職時期や法改正など社会全体への影響も指摘した。

「やるなら早く決めたほうがいい」。首相は4月30日、自民党の二階俊博幹事長と首相官邸で会談し、積極的に検討する考えを示した。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事