東大が「デザイン思考」育成を全学展開の背景!!

東京大学は生産技術研究所が手がけるデザイン思考の人材育成を2020年度から全学展開する。新たな価値創造に必要な集中的なアイデア出しと議論、試作品づくりで、副専攻に相当する科目群を用意する。大学院工学系研究科など修士課程の学生30人程度で実施する。学問知識を積み上げる従来の工学教育とは異なる、クリエーティビティー(創造性)発揮の教育法確立を図る。

4月からデザイン思考を身に付ける7科目ほどの正規科目を開講する。対象は工学系研究科のほか情報学環・学際情報学府、新領域創成科学研究科の3部局だ。19年度の試行で、グループワークの重要性を確認したことから少人数で行う。

まず大量の刺激とアイデア出しのワークショップをし、次に成功している製品・サービスにおける背景のアイデアと技術を学ぶ。アイデアを周囲に伝えるスケッチや電子工作の手法を学び、それらによるプロトタイプ(試作品)作成のプロジェクトを行う。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事