「都立高離れ」定員割れ増加 中高一貫5校、来年度以降募集停止!!

■大学定員厳格化、付属校に魅力

 定員割れを起こす都立高が増加傾向にある。人気とされてきた都立の中高一貫校の高校入学では3校が定員割れ。来年度以降、5校が高校からの募集を停止する。都立復権を目指し進学指導重点校の指定など、都立高改革で人気がでていたが最近は私立に流れる傾向に。専門家は、私立高の実質授業料無償化などの支援制度の充実や、私立大の定員厳格化で大学受験が狭き門になるなか、大学付属校などに受験生が流れていると指摘する。(植木裕香子)

 都教育委員会が2月中旬に発表した令和2年度の都立高一般入試の最終応募状況によると、定員割れが発生したのは、全日制171校のうち47校となり、現行制度による募集が開始された平成6年度以降で最多となった。都立高の定員割れは近年増えており、30年度は前年度比約3倍の38校となり翌31年度には44校にのぼっていた。

 定員割れは全国屈指の進学校である日比谷高でも起きた。31年度入試は倍率2・31倍だったが、入学手続き者が定員を下回り人気校では異例の2次募集を行った。数十人が国立大付属などに流れたとされる。このため日比谷は令和2年度入試で定員より20人多く合格者を出し、定員に厳格な都立では異例の対応をとった。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事