「DeepL翻訳」が日本語対応、「自然な訳文」と話題に 独ベンチャーが開発!!

独スタートアップのDeepLが提供している機械翻訳サービス「DeepL翻訳」がこのほど、日本語と中国語に対応した。同社の調査では、米Googleなどの翻訳サービスと比べて「高い評価」を受けているといい、ネットでは「敬語をちょっと直すだけでほぼ完璧な翻訳」「かなり自然な訳文」などと話題を呼んでいる。

機械翻訳サービス「DeepL翻訳」

 DeepLは、2017年8月にDeepL翻訳を公開。ディープラーニングを活用した機械翻訳サービスで、これまで英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポーランド語、オランダ語、ポルトガル語、ロシア語に対応していたが、20年3月下旬に日本語と中国語にも対応した。

 テキスト入力だけでなく、Microsoft WordやPowerPointの文書などをドラッグ&ドロップして翻訳することも可能。PCに専用アプリ(Windows/macOS)をダウンロードすると、キーボードのショートカットキー(WindowsならCtrl+C)を2回押すだけで翻訳できる。

 DeepLが独自に行った比較調査では、米Google、米Amazon.com、米Microsoftなどの他社サービスと比べて、DeepLの訳文が高い評価を得たという。具体的には、さまざまな分野のテキストから119段落を抽出して各サービスで翻訳し、社外のプロの翻訳者に訳文を評価してもらったとしている。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事