「10の姿」とは何? 幼児期にどんな力を育んでほしいのか!!

幼児教育や保育に関係する「10の姿」という言葉をみなさんは知っていますか。

 「10の姿」とは、文部科学省が小学校入学までの幼児期に育んでほしい姿を示したものです。知識や技能の基礎、思考力や判断力、表現力の基礎を習得するとともに、学びに向かう力や人間力を養う狙いが込められています。具体的にどんなものなのか、内容を見ていきましょう。

幼稚園、保育所、認定こども園共通の指針

 「10の姿」2018年4月に改定された文科省の幼稚園教育要領、保育所保育指針、幼保連携型認定こども園教育・保育要領で重要なポイントとして位置づけられました。1歳児から小学校入学前の6歳児までに養っておきたい姿を10の項目を挙げて示した内容で、幼稚園、保育所、認定こども園共通の指針とされています。

 (1)健康な心と体
 (2)自立心
 (3)協同性
 (4)道徳性・規範意識の芽生え
 (5)社会生活との関わり
 (6)思考力の芽生え
 (7)自然との関わり・生命尊重
 (8)数量・図形、文字等への関心・感覚
 (9)言葉による伝え合い
 (10)豊かな感性と表現

 いずれの項目も育てるべき能力や目標点といった達成を求められる課題ではなく、あくまで育ってほしい方向性を表したものです。中央教育審議会は文部科学省への答申で「幼児が生活や遊びの中で感性を働かせて良さや美しさを感じ取り、できることを工夫して使えるようにすることが重要」と指摘しています。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事