教科の枠超え「探究科」模索東京学芸大付属大泉小が開発!!

東京学芸大付属大泉小学校(東京都練馬区)が、教科横断的な新教科「探究科」の開発に3年前から取り組んでいる。この教科で児童に身につけさせたい力とは。授業をのぞいた。

 2月1日、3年きく組(児童約30人)で探究科の授業があった。一見、図工のようだが、理科にも社会にも見える。持参したデジタルの卓上時計や懐中電灯などの内部構造を知るために分解する児童の傍らで、別の児童はタブレット型端末を使って、マイクロチップの構造と役割を調べていた。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事