沖縄の大学院「東大超え」論文実績のなぜ――領域の垣根を崩す研究環境!!

2019年6月に英・科学誌「ネイチャー」などを出版するシュプリンガー・ネイチャーの発表した調査報告が、日本の教育関係者らに驚きを与えた。世界の大学・大学院における自然科学分野の質の高い論文のランキングで、世界9位に沖縄科学技術大学院大学(OIST)が入ったからだ。東京大学などを抑え、日本国内でトップの評価だった。OISTは5年制の博士課程のみで、海外からの留学生が過半数を占める異色の大学院。設立からわずか8年、躍進の秘密とは。(ライター・伏見学/写真・松田良孝/Yahoo!ニュース 特集編集部)

学生の8割、教員の6割が外国人

開け放った窓から流れ込んでくる、沖縄の風。エメラルドグリーンの海の輝きがまぶしい。部屋の主、カザフスタン出身のカミーラ・ムスタフィナさん(26)は心地よさそうに猫を抱いている。

「入学してこの部屋に初めて来たとき、美しいオーシャンビューに『なんて素敵なの!』と大喜びしました」

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事