iPad、Chromebook、Windows――3OSすべてのデバイスを導入した教員が語る、メリットとデメリット!!

文部科学省が打ち出した「GIGAスクール構想」。2019年12月に2318億円の補正予算が閣議決定され、「1人1台」のキーワードが現実味を帯びてきた。教育関係者はICT環境整備に向けた最後のチャンスと、かつてないスピードで動いており、特に注目を集めているのが端末の機種選定だ。そうした中、一般社団法人iOSコンソーシアムでは、iPadとChromebook、Windowsの3OSすべての導入実績を持つ、文化学園大学杉並中学・高等学校の奥津憲人教諭をゲストスピーカーに招いた勉強会を実施。これから加速する端末導入に向けて、3OSのメリット・デメリットについて知識を深め、課題を共有しようというのものだ。当日は株式会社LoiLo協力のもと、授業支援ツール「ロイロノート・スクール」を活用し、参加者の意見を集めながら進行した。その模様をレポートする。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事