立命館大准教授の著書が名門中学校の入試に→本人が挑戦も不正解に 筆者が“筆者の考え”を正確に読み取れない悲報!!

立命館大学准教授・富永京子さんの著書「みんなの『わがまま』入門」が名門中学校の入試問題に採用され、富永さん本人が「著者がこのように考えるのはなぜか」という問題に挑戦したところ、正解できなかったとTwitterで報告し、大きな話題を呼んでいます。カラオケ採点番組で歌手本人が100点取れないのと同じパターンか……!

 ツイートを行ったのは立命館大学で社会運動研究を行う富永京子さん。自身の著書『みんなの「わがまま」入門』が東京の名門中学・海城中学校の一般入試・国語に採用されたことを知り、自分でも試験を解いてみたいと考えるようになったそうです。

 それからしばらくして入試問題を入手した富永さんは、該当の問題に挑戦。しかし残念ながら満点は取れず、自身の回答と困惑の表情を添えて「【悲報】筆者、筆者の考えを正確に読み取れず――」とツイートしたところ、13万6000件以上の“いいね”を集めました。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事