新しい知的体験。”チェンジ”は、”チャレンジ”から生まれる!!

去る2019年11月7〜8日に開かれた「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2019」において、「Boma Japan」と名付けられたプロジェクトが始動した。国を超えて大企業、スタートアップ、政府機関、Z世代などさまざまな人々をつなげる議論の空間をつくり、新たな未来の可能性を提示する本プロジェクトは、今回が日本初の開催となる。

 仕掛け人はTEDxTokyo(テデックス・トーキョー)を立ち上げたトッド・ポーター氏。NECとコラボレーションし「未来創造」をキーワードとして掲げた今回のセッションには、国内外から集まったZ世代/ミレニアル世代/NPO代表/ベンチャー起業家たちが登壇した。そのプレゼンテーションは参加者の知的好奇心を刺激するのみならず、新たなコラボレーションのエコシステムを立ちあげうるものだった。

ローカル×グローバル=Boma Japan

 「いま人類が直面している課題を解決するうえで重要なのは、ローカルなコミュニティがグローバルなネットワークをつくり、コラボレーションを生んでいくことです。世界は複雑さを増し目まぐるしく変化していくため、異なるコミュニティがコラボしなければその速度についていくことさえできません」

 去る2019年11月8日に東京・国際フォーラムで行われた「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2019」(以下、iEXPO2019)の会場で、トッド・ポーター氏はそう語った。「だからコラボレーションの”エコシステム”が必要なんです」。ポーター氏は会場を見回してそう続ける。同氏が率いる「Boma Japan」は、まさにそのエコシステムを構築し企業と企業、国と国との相乗効果を生んでいこうとするグローバルなネットワーク組織だ。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事