超早期化する就活 大学はレジャーランドから「職安」へ!!

 19年の就職活動を揺るがした「リクナビ事件」。就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京・千代田)が、サイトに登録した就職活動中の学生の「内定辞退率」をAI(人工知能)で予測し、企業に提供していたことが8月に発覚した。

 同社は18年以降、学生がサイト内でチェックした企業の閲覧履歴情報などを収集。AIを活用しその学生が内定辞退する確率を算出し、学生本人にも十分な説明のないまま有償で30社以上に提供していた。政府の個人情報保護委員会は12月、サービスを利用した企業にも行政指導。その中にはトヨタ自動車や三菱商事などの大手も並ぶ。

 どの企業もこぞって辞退率を欲しがるのはより確実かつ効率的に、有能な人材を確保したいと考えているから。「どんなに優秀な学生でも最終的に他社に行ってしまえば、採用コストは無駄になる。ならば最初から内定辞退率の低い学生を狙った方がいい」。多くの企業がそう考えていると言える。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事