大学倶楽部・神田外語大 関東国際高等学校と 高大連携協定 締結!!

神田外語大学と関東国際高等学校は2020年2月14日に国内初となる東南アジア3言語における「高大連携協定」の協定式を行う。インドネシア語・ベトナム語・タイ語コースを有する同高校と3言語専攻を有する同大は、学長の特別講演や授業体験、施設見学など、これまでも頻繁に交流してきた。

 今回の高大連携協定では、高等学校と大学の7年間を通して東南アジアで活躍する人材を輩出するため、7年間一貫した共同カリキュラムの設計や両校教職員の交流などを検討している。

 同高校は国内では唯一、外国語科として近隣諸国で話されている六つ(※1)の言語コースを設置しており、英語教育と両立しながらインドネシア語・ベトナム語・タイ語という東南アジア3言語の教育にも力を入れている。これらの言語と英語の基礎を関東国際高等学校で身につけ、神田外語大学でダブルメジャーとしてより高度な言語運用能力とその国の経済や社会に精通した人材を育成するため、両校は高大連携協定を締結することとなった。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事