「教育情報化で学校はどう変わる」(時論公論)!!

小中学生1人につき1台のパソコンを配備するなど学校のICT環境の整備が大きく進むことになりました。こうした環境のもと、授業の中でネットやパソコンを活用することなどによる教育の情報化が学校教育に大きな影響を与えることになります。

j200206_1.jpg

▽教育情報化で変わる授業。▽なぜ今、こうしたことが求められるのか。▽導入に向けた課題は何か。以上3点を中心に、この問題について考えます。

j200206_2.jpg

独自の予算で教育の情報化を先駆けて進める東京・渋谷区の西原小学校で行われている社会科の授業では、1人1台のパソコンを整備し、子どもたちがネットを利用して疑問に思ったことを調べてまとめる学習が行われています。グループごとに複数の意見を整理して話し合う。ICTを活用した協同学習という新しい授業形態です。
私たちが経験してきたものとは異なるこうした授業が、どの小中学校でも当たり前のように行われることを目指す。成立した2019年度の補正予算の中で、小中学校の端末の配備費やネット環境整備費など2318億円が計上されました。去年12月に政府が決定した新たな経済対策で、2023年度までに全国の小中学校で1人1台のパソコンを整備することが盛り込まれたことに伴う措置です。一気に学校のICT環境の整備を進めること、つまり教育の情報化の推進が国策として決まった形です。補正予算の成立を受けて、文部科学省は、まずは新年度、2020年度中に校内LANなどすべての学校のネットワーク環境の整備を終えるほか、小学5・6年生と中学1年生に1人1台の端末配備を目指し、都道府県などとの調整を進める方針です。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事