学校教育現場のICT活用には、どんな生徒に育てたいか理念や方針が重要になる!!

inter-edu’s eye
OECD(経済協力開発機構)加盟国が進めているPISAと呼ばれる国際的な学習到達度調査があります。15歳の生徒に対して3年ごとに行われる調査には日本も参加。昨年12月に発表された調査結果では、読解力の低下が大きな話題となりましたが、その一方で、学校現場においてICT活用が進んでいない実情も明らかとなりました。
国では、昨年12月、学校でのPCなどの学習者用コンピューターについて一人一台体制確立や通信インフラの設備など、ICT導入・活用を進めています。そこで、子どもたちのデジタルスキルアップのためにどうすべきか、また学校現場ではどのような取り組みを目指すべきか、2015年よりiPadを授業で活用するなどICT活用に取り組む、聖徳学園学校改革本部長の品田健先生にお話をうかがいました。

スマホやタブレットの使い方を大人自身が知らなければ子どももわからない

エデュ:PISAの読解力調査では、ランキングが低下したことが大変な話題になりました。その理由として、Webサイトや投稿文、電子メールなど多様な形式のデジタルテキストを使った問題が出題され、PCの使い方だけでなく、そうした文章に触れる機会がないことも影響があるのではという声もあります。先生は学校・教育現場でのICT活用に比較的早く取り組まれていらっしゃいますが、この結果をどうご覧になりましたか。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事