日本人の“読解力”は落ちたのか 教育現場でのデジタルデバイス活用が明暗を分けた!!

「日本の読解力15位に下落」は「第二のPISAショック」か

OECDが昨年末公表したPISA(国際学習到達度調査)の結果を受けて、メディアはこう一斉に報じ教育界に激震が走った。発表された2018年の結果を見ると、参加した世界79カ国の国と地域のうち、日本は読解力が15位、数学的リテラシーが6位、科学的リテラシーが5位といずれも前回(2015年)から順位を落とし、中でも読解力は前々回(2012年)が4位、前回が8位と続落した。

OECD(国立教育政策研究所)のHPより

1990年代ごろからOECDは、「これからの国の成長力を測るには、産業や人口や資源だけではなく、義務教育を終えた子どもの学力、生きる力が必要だ」と考えてPISAを発案した。日本でPISAが一躍有名になったのは、2003年の結果公表後。前回に比べて下落(2000年8位→2003年14位)したことが「PISAショック」と呼ばれ、「脱ゆとり教育」の転機となった。

では、また日本の教育は再び危機を迎えているのか?

「今回のメディアの報道ぶりは、学校現場に調査の結果の意義が正確に伝わっていない」と言う文部科学省の矢野和彦審議官に話を聞いた。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事