【探究と探究でないものを分かつものは?~這いまわる経験主義に陥らないための考察と整理】

このたび、経産省の「未来の教室」事業で、米国サンディエゴをベースとする公設民営校であり、教育ドキュメンタリー映画 “Most Likely to Succeed”の舞台 とともなっている世界有数のプロジェクト型学習(以下PBL)校、High Tech High (HTH)の教員研修プログラムを日本に招聘することになりました。今、日本の教育文脈に合わせたプログラムのローカライズと研修実施に向けて準備しています。

ところで、PBLというと「探究学習」のカテゴリーだ、と思われる方は多いと思うのですが、では「探究とは何か?」、「なぜPBLは探究と言えるのか?」さらには「探究と探究でないものはどう分けられるのか?」となると意外と答えにくかったりします。

私自身そんな問いをもって2016年にLearning Creator’s Labをスタートしましたが、先日2期が終了し、この2年間国際バカロレア、こども哲学、イエナプランについてメンバーの皆と一緒に学び、且つPBL実践校やレッジョ・エミリア実践校など数多くの学校を訪問してきた中で私なりの一旦の整理のようなものがついてきましたので、ここで書き留めておきたいと思います。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事