大学入試は記述式が当たり前、フランスの仕組みとは? 専門家が語る日本との大きな違い!! 

2020年度に始まる大学入学共通テストを巡り、政府が国語と数学への記述式問題の導入見送りを決定した。記述式の何がいけなかったのか。フランスでは大学入学資格を得ることができる試験は全て記述式という。同国の教育に詳しい立命館大文学部の細尾萌子准教授は、今回の見送りの背景には両国の採点体制の違いがあると指摘する。

【写真】中学テストに旭日旗と「日本人のど根性」

 -フランスの大学入学の仕組みは。
 「高校3年末に受ける大学入学資格試験『バカロレア試験』に合格すれば、原則的に無選抜でどの大学でも入学させてきた。フランスでは、恵まれない人でも一定の能力さえあれば高等教育を受けられるべきだという権利意識が強いため、『選抜』という言い方はタブーとなっている。試験は論述が中心で、作問も採点も高校教員が行う。そのため採点には2週間ほどかかる。フランスでは大学入学前にバカロレア試験があるという前提で小中高校での授業が組まれるため、子どもたちは常に論述に対応する勉強をしている」
 -論述試験の採点を高校教員が行うことに不安はないのか。
 「フランスでは高校教員は教科の専門家と位置付けられており、教員以上に採点に適した人はいないと社会から信頼されている。そのため採点への苦情も少ない。採点者によって点数に大きな差がある時は、調整する仕組みもある。さらに各高校の担任は2人制。1人は進路指導の担当なので日本ほど労働時間が長くなく、採点にも対応できている」

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事