国際バカロレアが育む「主体的に学ぶ」姿勢…昌平!!

昌平高等学校(埼玉県杉戸町)は10月、国際バカロレア機構(IB)によるディプロマプログラム(DP)認定校となった。同高は今年度、IBコースを新設しており、来年度から一層本格的に世界水準の教育が始まる。また、中学ではすでにIBの中等教育プログラム(MYP)を導入して5年目となり、主体的に学ぶ生徒たちが育っているという。城川雅士校長と国際教育部長の前田紘平副教頭に、その取り組みについて聞いた。

中学生全員と高校のIBコースが対象

地球環境問題について白熱した議論を繰り広げる生徒たち
地球環境問題について白熱した議論を繰り広げる生徒たち

 中3の「公民・物理」の授業で今年、IBプログラムの一環として、生徒が世界各国の政治家を代表して地球環境問題を論じるディベートが行われた。

 アメリカ役 「私たちが最先端技術で、再生可能エネルギーの開発を進めて、他の国に提供するから、その代わりに、火力発電を続けさせてほしい」

 ブラジル役 「それは無償で提供するのか。今の状況は、アメリカなど先進国がこれまでに出した温室効果ガスのせい。私たちが尻拭いをさせられているのはおかしい」

 中国役 「先進国は温室効果ガスを多く排出してきた。不公平だから、中国は今後の産業発展のために同じくらいの温室効果ガスを排出する権利がある」

 ミッションは、政治家として自国の利益を考え、選挙で再び当選するための国民の支持も考慮に入れながら、世界全体の解決策を見いだすこと。授業は非常に白熱し、生徒の希望で1時間の予定を2時間に延長したが、それでも終わらず、昼休み中もディベートが続いたという。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事