「STEM教育」って何? 次の世代を担う子どもたちをどう育てるのか!!

日進月歩を続けるITは、私たちの暮らしに欠かせない存在になりました。次の時代はAI(人工知能)が発達し、社会がさらに大きく変化しそうです。子どもたちがそのような時代を生き抜くのに必要とされるのが、科学や技術、工学、数学分野の教育だといわれています。これら4分野の教育でIT化とグローバル化に適合した人材を育てるのが「STEM(ステム)教育」です。次の世代を担う子どもたちを育てるSTEM教育について紹介します。

■発祥の地は米国、IT分野の人材確保が目的のSTEM教育とは

STEM教育とは「Science(科学)」「Technology(技術)」「Engineering(工学)」「Mathematics(数学)」の頭文字を取った造語です。IT分野への人材確保を目指し、2000年代に米国で生まれました。

2006年に当時のブッシュ大統領がSTEM教育強化に向けた10の指針を発表したのち、2009年にSTEM教育の推進を公約に掲げたオバマ氏が大統領に就任、国家戦略に位置づけました。新興国の台頭が進む中、高い技術力を維持しつつ、国のさらなる発展につなげるのがねらいです。

そのために、オバマ政権はテクノロジーを駆使して目の前の問題を解決し、新時代を切り開くリーダーの育成が必要だと訴えました。現大統領のトランプ氏もSTEM教育に年間2億ドルの補助金を出すよう教育省に指示するなど推進に力を入れています。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事