iPadを生徒全員に導入した名門小、学校も驚く「学びの質の向上」!!

安倍首相が「学校で1人1台のパソコンは当然」と発言したことを受けて、学校へのIT機器やICT教育の導入が急速に進みそうな風向きになってきました。そのような状況に先駆けて、2018年に全校生徒にiPadを1人1台ずつ導入し、ほぼすべての授業で活用して成果を上げている小学校があります。iPadを介して生徒同士で学びを深める様子が見られるようになるなど、学校側が予想していなかった効果も実感できたそうです。

2年生の2学期からiPadを自己負担で導入

今回取材したのは、神奈川県川崎市にある洗足学園小学校。進学校として知られている私立小学校です。同校の赤尾綾子教頭にお話を伺いました。

同校がタブレットの導入を検討したのは2016年のこと。教科書やノートなど日々持ち歩く荷物が増え、遠くから通っている生徒の負担を減らせるのでは…というのがタブレット導入を検討した最大の理由でした。進学校だけにカリキュラムが多く、タブレットを導入すれば授業をスマートに進められるのでは、という先生側のメリットも狙ったそうです。

続き・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事